捨てることの 大切さ⑦~自分の最低限を知ろう~

おはようございます。

今日は捨てることの大切さについての続きです。

 

モノがあることによる悩み

皆さんこんな悩みはありませんか?

  • 家の荷物が増えた
  • 家が手狭になった
  • 新しい収納を買いたい、もっと大きな入れ物が要るな
  • もう一部屋ある場所に引っ越したい
  • 去年しまった荷物あれどこに行ったっけな

 

そんな方へ、

今日私が提案したいことは「最低限を追求してみる」ことです。

要らないものを手放す、捨てていくという事ですね。

 

避けたいパターン

とはいえ

皆さんなかなか捨てられない物ってありますよね。

これからも集めておきたいコレクション的なものも多く持ってる方もいらっしゃるかと思います。

あとは捨てるに捨てれない人からもらったもの、

百貨店でボーナスで買った高価なもの、

色々あると思います。

 

そういったものが増えた時にどうするのか。

まずとるべき行動として避けたいNGパターンは

  • 「新しい収納を買う」
  • 「収納術にこだわる」

ことです。

 

本当に厳選されたものだけが自分の身の回りにあれば、それらは不要になる可能性が高いからです。

後々必要になる場合もありますが、まず取り組むべきはそこではありません。

 

物を捨てること、

つまりこれまで書いてきたように、

本当に「今の自分にとって必要なもの」を厳選するということが

最終的に

  • 家の中がすっきりした
  • 倉庫なんて別になくても良かったんだ
  • 狭いと思っていたけど今の家でも十分に快適に過ごすことができるな
  • 着る服を悩まなくて済むようになった
  • 大事なものがどこにあるかすぐわかる、すぐ取り出せるようになった
  • 新しいものを買わなくて済むようになった
  • 洗濯や掃除がやりやすくなった

 

このような状態に持って行くことができます。

是非 必要なモノを残し、不要なものを捨てることに取り組んでください。

 

どうやって「最低限」を追えば良いのか

「最低限を追求してみる」という事は言葉でいえば簡単なのですが、

いざ取り組むのはなかなか難しいですよね。

 

今日はそのために有効な基準・方法をいくつか下記にお示しします。

  • 1年以上使っていないものは不要
  • 使うもの、身に着けるもののうち、普段レギュラー入りしていないものは不要
  • favoriteだと即決確信できるものは必要(likeやnot badかなと思うものは不要)
  • 値段は気にしない
  • 誰からもらったかも気にしない
  • あること自体忘れていたものは不要(現金、現金化できるものを除く)

 

細かい考え方や具体的な取り組み方としての

モノの捨て方、選び方、残し方、

それらに関わる考えの細かい点や書ききれない部分は改めて今後紹介していきたいと思います。

 

それでは、今日も良い一日にしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA