あなたはそれを止めてみるべきだ

おはようございます。

 

今日皆さんにお勧めしたいことは、今必要だと思っているそれを止めてみることです。

人はいい意味でも悪い意味でも、状況や環境に慣れてしまう生き物です。

慣れてしまっているがゆえに、

それがあることが当たり前。

無いなんてことは考えられない。考えたこともない。

絶対必要だ、なくなったらどうなってしまうんだろうという不安。

そういった思考に必要以上に駆られてしまっている時があります。

 

止めるべきものはどれか?
っていうのは明確には分かりません。あなたのそれと言いながらなんなんですが(笑)

 

やめるべきものとは?

ここで言う「あなたのやめるべきもの」というのは一体どんなものでしょうか?

例えばこういうふうに思うことはありませんか?

 

テレビがないと、何もない時部屋が静かで寂しいし、情報が入ってこない。

見たいお笑い番組もあるし、毎週お気に入りのアーティストが出るんだよね。

など。

 

一人暮らしなら

ベッドは必須だろうと思っていたり、

自炊するなら炊飯器必須だろう、とか

体を鍛えるにはジムに行かなきゃ始まらんだろう、とか。

さらには仕事で言えば

この類の仕事をする時は必ず上長の決裁がいる事になってるから決裁書を毎回作る必要がある、とか。

 

果たして本当にそうでしょうか?

 

本当に必要かを考え直す・検証する

ここで私が提案したいのは、自分がなくてはならないと思っているものから一旦離れて見てほしいということです。

 

離れるといっても、それを一生しないとか、捨ててしまうことまでしなくても良いです。テレビとかだって高いですからね・・

もちろん物理的に捨てたりしまい込んだり、隔離したりすることで接することができないにするということも、可能ならしてみた方がいいです。

例えば、

テレビだったらそもそも電源プラグを外して押し入れにしまいこんでしまう。

そういったことまでできなくても、炊飯器ならただ単に使わずに自炊してみる、とかですね。

 

離れてみた結果

私自身の経験で恐縮ですが、私は一時期 テレビも炊飯器もベッドもない状態で生活をしていました。

※もちろんある時もありましたよ

ですけれども、自分の部屋をより快適にしたい、何もないスッキリとした部屋を作りたい、シンプルな生活をしたい、という気持ちでした。

+α生活感をなくしてみたい、というのもありましたけどね。

 

私が自分でやってみた結論としては

なくても困らなかったです。

 

ニュースはスマホでも見られるし、

最近はネット上のエンタメ充実してるし、

新聞なら毎日でなくて良いなら図書館に新聞もあるし、

毎日ご飯炊かないし保温しないなら鍋で炊けば良いし、

良い布団や敷物、枕あればベッドである必要もないし、

って感じです。

 

本当に必要不可欠か?

元々テレビに対しては、結構普段から疑問を持っていました。

ニュースや天気予報を見るために必要だと思っていたけど、

そもそもテレビでそういったニュースとか情報とる必要があるのか?

見たいお笑い番組があるけれども、果たして人生の中で絶対に見ないと自分の人生が変わってしまうと思うようなものだったのか?

そもそも何で最初に一人暮らしを始めた時にテレビを買おうと思ったのだろうか?など。

思い返せば、元々 実家=自分のこれまで過ごしてきた環境、

部屋にはテレビがあり、キッチンには炊飯器があり、それがあることを当たり前と認識していて、その環境に完全に慣れてしまっていたんですね。

何も考えずにそういったものをそろえないといけないと決めていて揃えていました。

 

ですが自分の部屋は狭くなるし、当時の状況もあってあまり使わないし、

使ったとしても使いにくかったり本当に意味があるのかって思ったりする時も出てきました。

 

逆に言うと、そう思ったのなら変える(止める)チャンスです。

 

 

自分の目的を思い出そう

生活でも仕事でも、自分がどうしたいと思っているのかが大事です。

どんな1日を送りたい、どんな成果をあげたい、どんな人生にしたいかまで。

 

さすがに仕事で 一般社員の判断で、「部長、この決済関係の書類いらないですね」なんて言えないですが・・。

本当に必要かどうかっていうのを、自分のできる範囲から変えていくということを 考えていきましょう。

「この決裁に毎回書類作っていますけど、1枚にまとめてみても良いですか?」とか

「最終的な是非が大事だと思うので、スピードメリットも考えると、課長の判断でここまでは決裁なしで進めてもらっちゃダメなんでしょうか?」とか。

本当に自分にとって必要だったものが何か、自分の大切な時間をどれだけそれに費やしたいかっていうことも考えてみましょう。

 

ビジネスでの目的と目標について以前も話ししたと思いますが、

自分が本当にしたいことに対して、今行っている事は本当に必要なのか。

前例がこうだったから、今までの会社のやり方はこうだったから、前任者がこうやるのが良いって言ってたから、

そういったわけで、今の自分がやるべきことはそれで可能かどうかを全く考えずにそのまま作業をしてしまう、ということは非常にもったいないです。

目的と目標~それ、本当に必要?~

判断基準は「今の」あなた

是非、自分の身の回りのものが当たり前と思わず、

それが本当に当たり前となるべきなのかそれともそうでないのか、

日々見極める判断をしてください。

そして、その判断は「その時のあなたにとって」が基準となります。

 

例えば、あなたがご飯を大量に作る必要が出てくるようになった場合、炊飯器は当然便利ですし、

二人の子供を抱えて小学5小学生同士の間でテレビの話題をする、という時にテレビを全く見ない状況というのも子供にとっては少し苦しかったりするかもしれません。

なので、あなたのその時の状況、その時の考え方や価値観によって

必要な物や捨てるべきもの、不要なもの、実はいらなかったものなどが変わってきます。

極端な話、断捨離は一度では終わらないんですね。

ずっとずっと行っていって、常に自分の快適最適な環境をアップデートしていくような感じです。

不要になれば手放し、必要になればまた手に入れればよい。

そういうことですね。

もちろん手放す事、再び手に入れることにもコストがかかるでしょうから、その辺りもご自身の価値観や許容度を考えて取り組むのが良いでしょう。

 

まとめ

  • 人は良くも悪くも環境に慣れ、それを当たり前と思い込む
  • 当たり前と思っているものから離れてみる
  • 意外となくても困らないものが見つかる
  • 本当に必要か、自分の目的を見直す
  • 判断基準は「今の」自分にとって必要かどうか
  • 変えられるところから日々少しずつ変えていく

 

それでは今日も良い一日にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA