厳選されたお気に入りが自分本来の価値観を取り戻させる

捨てることの価値

昨日のお話の続きです。

昨日の投稿でも少し触れた通り、

捨てることの効果は実践してみればすぐに実感いただけるんじゃないかなぁとは思いますが、

捨てること(断捨離の「捨」)の価値って何だと思いますか?

 

余計な荷物が減ること?

気分がすっきりする?

部屋が広くなる?

処分するとき、意外とお金になった?

 

初めてやると結構処分するものが増えると思うんですよ。

1年以上使わなかったり、

必要だけど1つあれば良いものが、忘れて買って被っての結果2つ3つも持っていたり。

 

当然その分荷物が減りますし、部屋もスペースができてすっきりしますしね。

捨てるもののうち換金できるもので、意外と値段のつく物があったりすると生活費の足しにもなります。

 

どれも正しく効果の1つです。

 

すべて正解ですが、

上記以外にある、最も大きな価値は

「自分の本来の価値観に気付ける」ことです。

 

埋もれていた価値観を取り戻す

「あなたの人生の目標は何ですか?」

と聞かれてもスラスラと即答できる人は多くないのではないでしょうか。

 

でも、「あなたの気分が良くなる(テンションがあがる)ことって何ですか?」

と聞かれたら結構答えられると思うんですよね。

 

この2つの質問って別々のようで案外関連が深いのです。

 

これって「日々の生活をどのようにデザインしたいか」って観点で繋がってるんですよ。

 

つまり、

あなたにとって気分が良くなるもの

= それがあることで快適なもの、テンションがあがるもの

= 価値観にあったもの

= 本当に必要なもの(あなたの望む生活をデザインするために欠かせないパーツ)

 

という感じです。

 

要らない使わないけど・・・使うかも、プレゼントだし、高かったし、いざというときがあるかも、置いといても困らないし

と感じるものは、(少なくとも今の)あなたの気分を高めたり快適にするものではありません。

 

良くも悪くも、人は環境に慣れる生き物です。

これらのモノは、置いておくと、そこにあるのが当然と脳は認識するようになり、次第にその状況に慣れてしまいます。

 

服をソファに脱ぎっぱなしだと、普段からそこに置いてしまったり、片付ける気持ちにすらならなくなるのと同じですね。

ある意味、慣れって本当に恐ろしいんですよ。

仕事でも生活でも恋愛関係でもそうですけど。

 

それらが当たり前のようにあなたの生活空間に居座りつづけることで、

あなたが本当に良いと思っているもの、必要だと思っているものはそれ以外の雑多なものに埋もれていきます。

 

「捨」を行うことで、好きなもの

(not bad ではなくgoodでもなく、favoriteのイメージ)

だけがあなたの居場所に残り、

 

「あぁ、自分はこういう暮らしがしたかったんだ」

「あれって自分には要らなかったんだ」

「なくても良かったものだったんだ」

「好きなものだけに囲まれてる環境って幸せだな」

 

という感覚になるはずです。

 

ゴミ山の中から自分の大事なイヤリングを探すのは大変。

きっとイヤリングがあったことすら忘れてしまうでしょう。

でも、テーブルのアクセサリーケースならそのイヤリングは探すまでもなく使えますよね。

あなたが本来大事にしていたものや価値観に気付けるんです。

自分の望む生活環境に近づきます。

これが更には自分の日々の暮らし方、ひいては生き方や人生で大事にしたいものにも繋がっていきます。

 

以上、モノを捨てることの最も大きな効果について書きました。

今後も、これらに付随してモノを捨てる(大事なものだけを選ぶ)ということのメリットについて書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA