その怒り、別にとっておきましょう


おはようございます。

今日は 怒りとその対処・付き合い方についてお話ししたいと思います。

 

皆さん最近どうですかイライラしたりしてませんか?

つい声を荒げてしまった事ないですか?

 

誰かの言動、

例えば

  • 上司がいきなり仕事をいっぱい振ってきた
  • 指示したことを部下が全く聞いていないやっていない覚えていない
  • 友人が待ち合わせにいつも必ず遅れてくる何やってんだ
  • 旦那さんが全然家事手伝ってくれなくて家でゲームばっかりして何考えてんの?

とか。

 

人は誰でも生きていれば頭にくること、ありますよね。

ですが、少しの心がけ・意識をすることで、

そういった怒りとうまく向き合えるようになります。

時には怒り自体がなくなり、

そしてさらには、その怒りを別のもっと生産的な物事に向けていくことが可能になります。

そのためにはちょっとしたコツがいるというだけ。

たったひとつのことです。

 

知っておくべきただ1つのこと

あなたが怒りとうまく付き合っていくために必要なたったひとつのこと。

結論から申し上げますと 数秒だけ待ってということです。

怒りっていうのは 長くは続かないんです。

 

心理教育学的研究によると、

人の怒りの感情というのは6秒間しか持続しないと言われています。

めっちゃ短くないですか?

 

つまり、あなたが何かに対してカーッと怒って頭に血が上った時、

6秒だけ待ってみる。

そうするともうその怒りの感情はおさまり、冷静になれているんですよ。

 

まだ怒ってる?

「いやいや、おとといの嫁の言動にまだ切れてるよ」とか、

「朝のコンビニ店員さんの態度に今だに怒っているよ」とか、

おっしゃる方もいると思うんですが、

それって後になって思い出してまた怒ってるだけですよね?

 

ご飯の時も寝てる時も、お風呂に入ってる時も、

常にそのことだけを考えて怒っている人っています?

多分いないですよね。

ある意味人間って一つのことにずっと怒り続けるほど暇じゃないんですよね。

 

6秒抑えましょう

あなたが頭に血が上り、

その相手や物事に対して感情を爆発させて、

お説教や反論や叩くといった行動をとる、

その前

つまりあなたが 怒りそうになった時に、

一旦胸に手を当てて 6秒ぐらい数えてください。

 

きっと最初の噴火のような状況は なくなっているはずです。

冷静に、その怒りの元になった物事について考える余裕ができているはずです。

 

たった6秒でそんなんなるか?

と思っている方こそ、試してみてください。

自分が怒りそうになった時、このことを思い出してください。

 

怒りのコントロールは対人関係のみにあらず

細かい話は割愛しますが、怒りの感情との向き合い方、

つまりアンガーマネジメントは、ビジネスの上でも非常に重要です。

 

上司や部下、あるいは会社自体や顧客との関係において、

対話や付き合い方では必ず喜怒哀楽はかかってくる場面がございます。

そうした時に、

この一つができるかどうかによって 仕事の向き合い方が変わってきます。

 

「何を言っているんだ!」

「ふざけるなよ!」

「そんな事するとかありえないだろ」

「指示や約束を守れないのか!」

 

時にはこういった感情を持つこともあるでしょう。

 

ですが、ここで怒りの6秒スルーです。

そして、いったん落ち着きます。

そして、怒っている事項について、目の前の事実に対してもう一歩踏み込んで考えてみてください。

相手の言動に対して、

  • 何か事情があるんじゃないか?
  • 別の誰かの指示かな?
  • 疲れているのかな?
  • うまくいかないのはこの仕組み・構造に問題があるんじゃないか?
  • そもそも自分の方にも非がなかったか?
  • というか元々こういう人だったわ(諦観)

というような見方です。

 

この見方ができると、ただ怒っていたことに対して、

  • じゃあ事情を聴いてみよう
  • 状況確認しよう
  • 構造に問題があるから業務フローを見直そう
  • 自分が詫びて正さないといけないな
  • この相手を変えるのはできないから自分がうまいこと対処した方が良いな

といった考え方ができるようになり、きっと生産的な話にしていけるでしょう。

 

ただ、裏取りしようと私が探した限り、6秒ルールの記事は多くあったのですが、

科学的な根拠をちゃんと見つけられませんでした。

しかし、この考え方自体は非常に有効だと思いますので、

ぜひ怒りの「6秒ルール」を覚えていてください。

 

まとめ

  • カーッとなった時、6秒待ってみる
  • 目の前の事実に対して冷静に考える
  • 背景や状況を見つめ直し、生産的な対応を考える

 

それでは、今日も良い一日にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA