勿体無いが勿体無い

おはようございます。

今日は物を手放すこと、断捨離関係のお話です。

 

みなさん、今日のタイトルを読んでどんな話をするのか想像ついちゃいますかね?

 

物を大事にする心掛け、つまり勿体無い精神は、

支出を減らし節約し、浪費を抑え再利用を促すなど

大事なことだと教えられてきていますよね?

 

それは間違いないのですが、

すべてのケースでそうとは言い切れません。

 

勿体ないと思って取る行動や考え方は、意外とセンスを問われる領域です

 

勿体ない精神

一般的な勿体ない精神からくる行動は下記のような例です。

 

  • まだ使えるから置いておく
    例:タオルが少しぼろいけど汗は拭ける
  • 別の事にも使えそうだから置いておく
    例:捨てるシャツを雑巾代わりに使う、牛乳パックをケーキを流し込む型に使う
  • 少し修理すれば使えるから置いておく
    例:鞄のふたが壊れたけど、モノを入れて持ち運べるから使う
  • 残すのは勿体ないから食べきる
  • 高いのは勿体ない
    例:ブランド品を買わない、食材の安いスーパーを探す
  • すぐ使うのはもったいないからいざという時のために置いておく
    例:ラストエリクサーは貴重だから全滅しそうな時に使う ※わかる人います?
  • 高かったから捨てたりタダで譲ったりするのは勿体ない
    例:捨てるよりメルカリに出す、買いたたかれないよう業者に相見積もりを取る
  • 修理代が勿体ないから修理しない
    例:スマホ画面が割れたけど見えるし使えるからそのまま使う

 

いくつか例を挙げてみましたけど、ん?って思うやつもありますよね。

 

勿体ないの恩恵

使える限り捨てない、直して使う、別の利用方法を模索する、別の価値に換える。

上で挙げた事項であるように、こういったことは簡単にモノを手放さない事で、

そのモノの利用価値を十分に発揮させようというのが勿体ない精神の根底と考えられます。

 

単純に買い替える頻度を下げられたり、安く買ったり高く売ったり、

使い切る(食べきる)ことで残存している価値を放棄しない事で、

支出を最低限に抑え節約ができる事が分かりやすいメリットです。

食べ物だって無暗に作って残すよりも食べきる方がいいに決まっています。

 

それによって、

価値の持続させられないか(いかにちゃんと使えるか、長くものを使えるか)、

本来とは異なる価値が生み出せないか、

価値を高める方法はないか、

別の価値に置き換えられないか、

という事に努力し、いろんな対応を試行錯誤する事で柔軟な発想ができるようにもなります。

 

そして、そういった思考が行動にも表れていきますので、

結果的に浪費もあまりしなくなる事もメリットですね。

 

勿体ないの弊害

その長く使おう、ちゃんと使おう、価値を温存しようという姿勢が時にマイナスとなる事があります。

一言でいうと、モノを手放さなくなる事です。

 

利用できるからと百貨店の買い物袋が大量に貯まったり、

高価だったからと賞味期限切れの高級カニ缶を今だに残してしまったり、

それを食べてお腹を下したり、

高く売れないからと使わない棚やテレビが売られず家に置かれていたり、

着る気にはなれないけど着られないわけじゃない服をクローゼットに入れていたり、

 

モノを捨てる・売る・手放すという事へのハードルが高くなりすぎて、

結果的に自身の生活スペースを圧迫したり不要なコストを逆にかけてしまう事につながります。

 

自分の快適な暮らしができているか

勿体ないと思う気持ちで、モノを大切にしようとすることはとても大事です。

ですが、モノを大切にする意識が強いあまり、モノを簡単に手放すこと自体を許さないようになると、

自分にとってのそのモノの価値を判断できなくなってしまう事があります。

 

分かりやすい例でいうと、

自分の自由な時間を少しでも作り読書に充てることが大事だと思っているのに、

スーパーの大根が隣町は30円安いからと、往復20分を最寄りではないスーパーへ行く時間に消費し、

読書の余裕がなくなってしまう。

バイキングで元を取らないとと思うあまり、食べ過ぎてお腹は苦しいし後日太る。

可愛いタオルでお風呂上りに包まれることが心身の幸福だと思っているのに、

使えるからと、黄ばんでボロボロのタオルをずっと使い、残念な気持ちになりながら毎日包まれている。

 

こういった状態が果たしてあなたが本来望む暮らし方でしょうか。

だからといって、コンビニや出前でなんでも済ませたり、毎日高価なおしゃれタオルを買い替えるなんてしていたら

えらいことになりますよね。

 

何を大事にしたいか、何を許容するかも個人によって違います。

こういった点は断捨離とも深く関わる部分ですね。

要はバランスの問題です。

是非意識してみてください。

センスのある人は、

そもそもバランスが良いですし、絶対譲れない事と切り捨てる事の判断と分け方が抜群に上手です。

 

まとめ

ということでまとめです。

  • 勿体ない精神は、大事だが万能ではない
  • 勿体ない精神の恩恵は、節約・柔軟な思考・浪費抑止に寄与する事
  • 勿体ない精神の根底は、モノの価値を最大限利用したいという気持ちにある
  • 勿体ない精神は、モノを手放さない事に目的が偏りやすい
  • 手放さない事への固執が、自分本来の価値観(快適な生き方)にそぐわない場合がある
  • 自分の価値観と勿体ない精神がうまくマッチしているか見直そう
  • マッチさせるバランス感覚を意識してセンスを鍛えよう

 

それでは、今日も良い一日にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA