捨てることで得られる「余裕」

おはようございます。

今日も捨てることのメリットについてお話ししたいと思います。

今日お話しするメリットは「新しいモノが入ってくる」ことについてです。

捨てることが「余裕」を作る

 

前回は「ミスや悩みが減る」ことを取り上げました。

これは、雑多な物に溢れる環境から都度選ばずに済むようになることで、脳の負荷を減らせる結果として得られるメリットでした。

 

では、「新しいモノが入ってくる」とはどういうことだと思われますか?

これは捨てることによってできた「余裕」がもたらしてくれるメリットです。

「そりゃあ物を捨てたらスペースできるんだから、そこに物を置く余裕できるじゃん」

 

それはまぁ当然ですよね。

ですがこれは物理的なスペースに限った話ではありません。

精神的なスペースといいますか、生き方の余裕にもつながっていきます。

 

空間的な「余裕」

まず物理的な余裕について話します。

あなたが外で買いたい本を見つけた時、その本を買いますか?

例えば、

あなたの自宅の本棚はすでにこれまでに入手した本で隙間なくびっちり並んでいて、

それどころか本棚の棚板と本の隙間にも横向きに差し込むように本が詰められ、

しまいには本棚の前や周りに収まりきらなかった本が積まれている状態、だとすればどうでしょうか。

買うことに抵抗が出ませんか?

ぎちぎちに詰まった本は取り出すのも一苦労。

買ったとしても、本棚にスペースがなければ、

それは本棚の限られた隙間にさらに力技で詰め込まれるか、

自宅で山積みになっている本の山頂となるだけです。

 

新しい本棚を買っちゃいますか?

お金もかかりますし、そのスペースを作った分、

あなたのお家であなたが自由にできるスペースは減ったということになります。

もしかしたら寝るときに足があたるようになったりしませんかね?

 

もし、本棚の本を本気で見直し、

絶対必要な本以外を手放す(売る、譲る、ゴミ出し、なんでもいいです)ことで、

これまで本棚の前に山積み、本棚にギチギチに詰まっていた本がなくなり、

今、本棚にはスペースの半分~7割ぐらいしか本が並んでいないとしたらどうでしょうか。

 

この時点で、あなたは本棚にどのような本が並んでいるのか一目でわかります。

どの本があって、どの本はないのか、そしてどんなタイトル・内容の本なのか。

追加で本棚を買わずに済み、寧ろあなたの自宅の床は広くなったのではないでしょうか。

 

おそらくここで残っている本は、

何度も何度も読みたくなる自分にとっての名著・バイブルか、

早く読みたくてワクワクするような期待感のある未読本、

もしくは眺めるだけで高揚感や幸福感を味わえるコレクション要素の強い書物、といった所でしょう。

新しい本はすんなりそのスペースに入ることができます。

余裕があるのですぐ取り出せますし、整然としている本棚を眺めればどれを読みたいかもすぐ判断できます。

 

単純に自分の置いているものが把握できるようになります。

余裕が豊かな変化を生む

以上の例のように、モノを手放したからこそ、別の新しい何かを取り込めるようになったんです。

家の中の物を見ただけでも、変化は目に見えるのですが、

それ以上に日々の生活や気持ちの面でも変化が訪れるようになります。

 

先ほど挙げた、ぎちぎちに詰まった本についても、

しまうのも面倒になり、読むのが面倒になるか、やがてどこかに積んだ方が楽だとなり、

山積みになった本を見るたび、

「あぁ、読めていない本が溜まってきたなぁ。はやく読まなきゃなぁ」

「そもそもあの山の下にある本は何だっけ?」など、

自分でもよくわからない義務感や未達成感に苛まれたりすることになります。

まずこれもなくなります。

 

上でも少し取り上げましたが、

モノを減らせたおかげで空間的なゆとりができ、

新しいものを買ったり取り込む余地が生まれます

それと同時に、精神的にもスペースができてきます。

新しいモノを取り入れようとする傾向は、単に所有物だけの話にとどまりません

 

これまで積んでいた本を読み終えたら購入しようと思っていた書籍を読み始めたり、

今使っているものが使えなくなったら替えようと思っていたお気に入りの道具を使い始めたりします。

こういった変化が起きることで、

自分自身の生活にもこれまでと違う刺激が加わり、

次第に更に生活へのアクティブな変化を望むようになります。

このことが、やがてこれまでの惰性と異なる、

あなたが本来望んでいた習慣や暮らし方を実現していく切っ掛けになります。

 

あまりうまくは表現できていないかも知れませんが、

自分が必要なモノを見極めて、それだけを大事にしていくスタイルは、

1つの物事から家全体の事、日々の生活、仕事、一生の生き様にも発展していくことになります。

 

モノを捨てる事によって、「新しいモノが入ってくる」余裕を手に入れ、

挑戦する気概や気持ちの切り替え、惰性の排除という前向きな変化となっていきます。

 

今日も良い一日にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA