30代社会人から見た企業と就活生とのギャップ

おはようございます。

今日は少し色を変えて、

トップにあげたテーマについて、

当時の私が就活をした時の経験と、

今の就活生を見て感じることをお話ししたいと思います。

新卒でこれから就職活動をする方だけでなく、

もうすぐ学業を終えて就活を始める方が身近にいる方にも参考になれば幸いです。

 

就活生に求められるもの

求められるものはズバリ

その就活生に「どんな魅力があるのか」と「その具体的な根拠」です。

当たり前なんですけど、案外 できていなかったりするのがこの二つなんですよね 。

私が就活をしていた当時も、グループ面接などで他のかたの回答ややりとりを見ていても、出来ている方とそうでない方がハッキリしていました。

例えば、

とってもスラスラお話しできているのに、出てくる情報が居酒屋のバイトでどんな業務があったかという話だけ

誰とでも仲良くなれます!とハキハキ自分の長所をこたえているが、具体的な話がなく、同じグループで隣にいた私とは会話すらしていないし、本当かどうかわからない

すごくにこやかに元気よく答えているのに、面接官の質問に答えず身の上話になっていたり。

 

魅力と根拠の2つをセットでキチンと相手に伝えるだけで、

企業採用者はその人を評価しやすくなるはずなのに。もったいないなって。

面接のコツとかで言われる、質問に対して結論から答える、 相手の目を見て答える、などといったテクニック的な話ではなく、本質的な話になります。

新卒就活生にありがちな思考

まずは、これまでの経験から、新卒就活生にありがちな行動・思考パターンについて確認します。

 

  • サークルやバイトを何かしておくべき
  • サークルでは部長とかをしておくべき
  • 留学しておくべき
  • 本命は伏せておくべき
  • 貰った他社内定を伝えない方がよい
  • 期日までに応募・提出できれば大丈夫

 

これら、問題のある行動や考えではありませんが、お勧めできるものでもありません。

なぜ、これらの行動・思考がお勧めできないかと説明も今後していきたいのですが、

その前に、採用する側の立場と感覚を少しでも想像し、考える、理解しようとする事が必要です。

採用する側の気持ちを次にざっくりお示ししますね。

採用する側の気持ち

  • みんな同じようなことを言う、アピールする
  • 大勢の中の一人なら印象が大事
  • 人の中身なんてそう簡単に判断できない
  • 分かりやすい優秀さがあれば助かる
  • 他所が採りたい人はウチも採りたい
  • 優秀な人を選ぶより、優秀でない人を弾く方が簡単
  • 限られた情報と時間で判断しないといけない
  • 判断材料を得るために相手とコミュニケーションがとりたい
  • 上層部への説明根拠がいる
  • 「一番」という魅力は分かりやすい

 

大事なことは「これまでの実績」と「これからの期待」

上記で挙げましたが、

結局、数多くの就活生が応募してくる中で、採用担当者は採用すべき人を見つけ出していかなければなりません。

大企業ともなれば、何百人何千人分もの応募書類や面接があるわけです。

それなのに就活生の多くが上のような考え方で、

サークルのリーダーを務めていたり、同好会の部長をつとめていたりするようなお話を書き連ねていきます。

留学ならどう?という方にもお答えします。

留学に関しても同じです。

エントリーシートでアピールするために留学をするというような考え方の人もいますが、留学をしたからどうだということではありません。

仮に留学についてなら、企業側が見たいのは、

どうして留学をしようと思ったのか

留学でどのようなことを学んだのか、

得られた経験は何なのか、

そして、それが今どう生きているのか

今後どう生かすつもりなのか、

と、あなたの考え方や行動、それによって得られた成果が知りたいんです。

バイトなども同じです。

こういったバイトをしてました、こういうことがあって大変でしたが頑張りましたー。

そういう事を知りたいのではありません。

 

例えば

そのバイトでどんな問題をあなたが見つけ考えたのか、

それを解決するためにどんなことを取り組んだり努力をしたのか、

そしてその結果どうなったのかどんな成果を得られたのか、

自分の中で教訓となったものが何なのかなど。

そういったものを 自分で表現し相手に伝える必要があるわけです 。

 

初対面の人の話を鵜呑みにする人はいない

次に求められるのは、

それを裏付ける具体的なエピソードや根拠です。

私は行動力があります!

と就活生から言われても、企業側はその言葉を鵜呑みにするわけではありません。

私は誰とでも仲良くなることができます!

私は人一倍思いやりがあります!

と言われても

本当に??って思います。

あなたがいきなり赤の他人からそう言われたら、

本当にー?って思いませんか?それが普通の感覚です。

 

だから、それが本当だということを示すようなエピソードや根拠をあなたが提示しなければ、あなたのアピールは相手に響きません。

仮に、

人に親切にできる!ということをアピールしたのだとすれば、そういう言葉だけではなく、

例えば道で困っている人に手助けをしてあげたら、後ほど学校を通じてご本人から丁寧な感謝状が贈られたとか。

行動が早いというアピールであれば、

レポートに取り組むのが早すぎて、受付期限前に出そうとして教授に驚かれたことがあるなど

誰かに話した時に、

あーなるほどなぁとか、そんなに!?

って思えるような話をひとつ入れるということが効果的です。

 

行動力があるという長所をアピールするとしたら、

例えば 、

自分が興味のあることについて独自に調査をしようと思い立って、

アンケートを大学中のあらゆる学生に声をかけていたら、1000人規模の調査になってしまい、無許可で行なっていたということで大学から厳重注意を受けたことがある、

などですね。

これは一見やらかしたマイナスのエピソードのように聞こえますが、あなたがそれだけの行動した結果であるという意味では、行動力アピールの根拠として挙げられるでしょう。

 

このように自分がアピールしたいこと自分の魅力をエピソードで裏付けるのがポイントです。

バイトでこんなことがあってこんなことをしましたー、というエピソードを延々と語られても採用する側は困るだけです。

採用側が関心を持っているのは、

あなたがどんな暮らしをしていたかではなく、

あなたがどんな考え方や行動をとれる人物なのか、どうしてそのような事が言えるのか、

です。

 

その点を履き違えないようにして、自分の魅力を相手が納得できるように伝えてください。

 

ということで、ここまでのまとめです。

 

  • 新卒の就活生が話すことと企業の採用担当者が聞きたいことにはギャップがありがち
  • 採用担当者が求めるのは 自分の会社に利益をもたらしてくれそうな人材かどうか、つまり その人の魅力と、その具体的な根拠が知りたい
  • 就活生は バイトやサークルや留学「を」語るのではなく、バイトやサークルや留学「で」語る必要がある

 

次は採用側の気持ちで取り上げた「一番」という分かりやすい魅力についてお話ししたいと思います。

それでは、今日も良い一日にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA