直接聞いた「選考には関係ありません」の本音

皆さんおはようございます。

今日は表記のタイトルの通り、

「選考に関係がない」、「選考とは無関係です」

というようなメッセージに対して、

実際に企業の採用担当者 もしくは企業側の人間がどのように捉えているのか、

私が直接就職活動時代に聞いた事、感じたことについてお話しします。

 

本当に「選考に関係しない」のか

結論から言います。

関係あります。

さらに正確に言うならば関係はなくとも影響はあります。

どうあっても選考とは結局、

その人の能力や人柄・価値観・ポテンシャルといったものを見る手段です。

当然そういったものは選考以外の場面でも情報として得られる事があります。

仮にそれが選考とは全く関係のない部分で見えたとしたら、

それを採否の判断材料に一切含めないということはできるでしょうか?

答えはノーです。

 

私が内定した企業の担当者のお話

私は就職活動で当時、結果的にいくつかの会社から内定を頂くことができました。

これは時期も良かったのかもしれません。

 

そのうちある企業の内定者懇親会があり出席しました。

そこには内定者十数名 私と同じような方がいらっしゃり、

それ以外に企業の採用担当者やスタッフの方数人がいて皆で飲み会をしました。

 

先にお伝えしておく情報として、この企業の選考にはグループ面接があります。

そのグループ面接の後に選考とは関係なく、 就職活動している皆さんの方から企業へ質問をしてもらう質問時間、 いわゆる逆面接のような時間が設けられていました。

企業側としては

「我々のことについて、こういうところが知りたい、疑問に思っている・不安なところがある等について、遠慮なく聞いていただいてそれにお答えする場として設けています。選考には一切関係ありませんので、何でも自由にお話しください・聞いてください」

というようなものでした。

グループ面接の後だったので他の新卒メンバーもいました。

中にはあまり質問をしない方もいらっしゃいましたが、私は自分が気になっているところや知りたい部分についていくつかお伺いをした記憶があります。

 

で、先ほどの話に戻ります。

その内定者の懇親会の場で 採用面接担当者だった方と話をしていました。

雑談の中で私から、グループ面接の後こちらから質問をする時間ありましたよね?って話をした時に、

採用担当者から「あの場は『選考には関係ない』とは言ってるけど、関係ないわけないよね。」という話がありました。

「お伝えしたとおり、学生の皆さんにも、ウチが入る価値のある会社か判断してもらいたいし、ウチについて何でも聞いてもらってそれを解消してもらう場として設けているよ。」

「だけれども、例えば〇〇みたいな質問だったり、ホームページをすぐに見れば分かるようなことだったり、すごくネガティブな 考えからくるような質問をした人は、ウチに向いてないなと判断して落とすようにしている」

と言われました。

ただ、

(あれ?私ドンピシャで〇〇みたいな質問をした気がするんですけど・・・?)と思いながら口には出しませんでした。

 

まあということで、この当時も今も思っていることは、

関係ないわけがないというのは、

選考過程と関係ないものではあるけれども、その人を知る意味では影響が全くないわけではない、ということでしょう。

ただその基準は、実際はそれが全てというわけでもなく、私の場合みたいにそういった類の質問をしていたとしても

他の部分でおそらく評価をしていただいたので内定を頂けたのだと思います。

最終的にこちらの会社は内定を辞退することになりましたが、

他の内定者の方と関わる機会もあり、参考になった選考でした。

 

ただ、みなさんにとってはこれだけだと面接以外も見られているよってだけで

終わっちゃいますのでどうしようもないですよね。

なので就活する方がこれからすべきこと・できる事を最後に書いておきます。

 

できるアクションは

選考過程の浅いうちは、書類選考やグループ面接など、

優秀な人を採る「最高点さがし」というより、優秀でない人を弾く「減点足切り」の意味合いが強いです。

 

なので、自分の言動が面接の場以外でもどこかで影響しているという前提で、

選考の浅い間は

  • 書類の不備をなくす
  • 提出物は早めに出す
  • 清潔感ある格好にする(ヨレヨレスーツ、無精ひげ、靴の汚れなどを避ける)
  • 鏡で笑顔と身だしなみチェック(家出る前、直前のトイレや手鏡などで)
  • HPで企業の歴史と社長紹介ページを見ておく
  • 遅刻しない
  • 1分でも遅れる可能性がある場合は、必ず事前に連絡を入れる
  • 質問する箇所を探すつもりで説明会を聞く

といった行動で、客観的に他と見劣りしてしまう差(粗さがしされるポイント)を作らないことが大事です。

それでは、今日も良い一日にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA