直接聞いた「選考には関係ありません」の本音②

おはようございます。

前回、「選考とは一切関係ありません」が本当に関係ないのかどうかを

就活生時代の経験からお話ししました。

今日は、社会人として採用業務に関わって就活生をみた経験からお話ししたいと思います。

自分が新卒を見る立場での経験

私がサラリーマンとして働き、採用関連業務で就活生と関わる機会を持つようになった時の話です。

選考には関係ないという場面・項目に関しても、会社側からは

「応募者で良くも悪くも気になったところ・印象があれば報告してください。

それを以て合否を判定するわけではないですけど、参考にしたいと思います。」

と依頼されました。

参考にするということは、影響し得るということですよね。

 

選考は落とすための作業ではない

誤解しないでいただきたいのですが、

別に選考はミスをしない、余計なことをしない事に気を張って落とされないようにすることが大事だとは思いません。

落とされるのは結果的にそうなるだけで、企業としては意欲と適性が高い人を探したいだけです。

また、選考に落ちた = 自分はダメな人間 という思考になりやすい方が多いですが、

そうとは限りません。超優秀な人を落とすこともあります。

また、この「優秀」とは学歴とか資格に限った話ではありません。

 

企業が判断する基準とは

企業が判断する基準は、能力だけではありません。

  • 学歴
  • 学部
  • 志望動機
  • 身なり
  • 振る舞い
  • 雰囲気
  • 質問への回答内容
  • こちらへの質問内容
  • 話ぶり
  • 選考時期
  • さわやかさ
  • 冷静さ
  • ノリの良さ
  • 控え目さ
  • 論理的
  • 感情的

 

私の会社でも、学歴かつ選考でのやりとりもとてもしっかりした方が来られた事がありますが、

採用担当者は「でもこの人ウチに合わなさそうなんだよなぁ」と名残惜しそうに語っていた時もあります。

逆に「すごくアホっぽいけど、素直そうだし顧客にも真摯に向き合いそうだから期待値は高いかな」

なんてことも聞きましたね。

 

単純な能力や学歴だけでなく、自分の会社に馴染みそうか、一緒に仕事するイメージが湧くか、

といった観点で選考することもあります。

 

だから、落ちた事が能力のないことにはならないのです。

自分を磨くことは大事ですが、採用担当者も会社のお偉いさんも結局は人なので、

その時の運もあります

 

明らかな減点をなくすことが大事

良いところや貢献してくれそうな所だけで判断できればよいのですが、

色んな人の履歴書やエントリーシートを見て、面接を繰り返す企業の担当者にとっては、

どうしても選考では、目についてしまう減点ポイントに頼る事も多いです。

例えば

  • 挨拶をしない
  • ウチの事を何も調べていない
  • 遅刻をする
  • 遅刻を詫びない
  • 無断欠席する
  • 提出依頼物の遅れ・忘れ

 

このような点は避けるだけで減点をなくせるのですからやらない手はありません。

 

結局のところ、形としては全く関係ないとしても、

それによって得られる当人に関する情報は合否を判断する材料の一つになり得ます。

まあ皆さんにとっては当たり前ということなのかもしれませんが、

このことは、社会人になる前となった後の両方で採用担当者から直接聞いた話ですので、

多くの企業にとって間違いのない事実でしょう。

 

そして何処で誰がどのような形で見ているか判断しているか分かりません。

ですので、これから選考を受けるような方は、ぜひ面接の場面だけではなく、

自分のあらゆる状況・考え方・やり取り・行動というのが影響しているかもしれない、

という心づもりでいた方が良いでしょう。

 

誰かに見られていると常に気を張れというようなことを言いたいのではありませんが、

ベストを尽くせるように常に自分の最高の状態を保っておいて頂きたいです。

出来る準備 = 情報収集や資料作成、PR練習、身だしなみチェック、会場までのルートと所要時間の確認

は可能な限り行うということが大事だよということですね。

 

まとめ

  • 選考に関係がない場面でも、その人に関する情報である限り選考に影響しうる
  • 企業は能力や学歴だけでなく、自社とマッチするかどうかを考える
  • 採用担当者、役員も人なので出会いの運もある
  • できる準備をしておく事で減点要素を排除するのが大事

 

それでは、今日も良い一日にしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA